千葉大学大学院理学研究科付属 ハドロン宇宙国際研究センターIceCubeプロジェクト「ニュートリノ観測器」

材料A6061-T6他
寸法500×φ120
数量16セット
納期45日
用途研究開発製品
加工方法機械加工 複合加工 
工程(技術)マシニングセンタ 旋盤加工 ワイヤーカット 
対応領域試作・小ロット生産 開発・設計 組み立て 

ニュートリノ観測プロジェクト「IceCube」

江戸っ子1号の深海8000メートル耐圧加工技術を応用して、千葉大学が進めているニュートリノ観測プロジェクト「IceCube」の検出器の一部を製作いたしました。

今回、ご依頼をいただいたそもそものきっかけは、「江戸っ子1号」の深海8000メートル実験成功のニュースをたまたま見ていて、「深海8000メートルが大丈夫なら、南極の氷中数千メートルもいけるだろう」ということ。実際の製作にあたっては、観測器内に収めるアンテナの電波観測を阻害しない材質であり、さらに水圧やマイナス20~30度の環境下に耐えられることが条件となりました。

本プロジェクトの日本グループリーダーである同大学准教授の吉田滋先生より大まかなイメージや図面をいただき、詳細設計や加工方法を弊社にてご提案させていただく中で、製品開発をご一緒させていただきました。

それでは、今回製作させていただいた検出器の一部をご紹介いたします。

ニュートリノ観測器

観測器のキャップの一部品。マシニングにて加工後にアロジン処理を施しています。

ニュートリノ観測機エンドキャップ

観測機のエンドキャップ。マシニング加工後にアロジン処理を施しています。

ニュートリノ観測器アダプタブラケット

観測機内で使用するアダプタ用ブラケット。旋盤、ワイヤーカット後にマシニング加工を行って製作。

ニュートリノ観測器

特殊なアルミパイプに組み付け後の様子

2014年から2015年にかけて南極での実験が控えているとのことですので、是非ともニュートリノ観測プロジェクト「IceCube」にご注目ください!


製品事例・ピックアップ

JALエンジニアリング×浜野製作所が連携して作った航空機部品を活用した家

加工
方法

株式会社JALエンジニアリング(JALEC)が取り組む、役目を終えた航空機部品等をアップサイクルする

福島県の割り箸製造会社「磐城高箸」様のご依頼で、割り箸先端加工機を製作致

加工
方法

【製作事例紹介】 福島県いわき市の割り箸製造会社「磐城高箸」様のご依頼で、割り箸先端加工機を製作致し

弊社Garage Sumidaとコラボしている書家の國廣様が毎日新聞に取

加工
方法

書家・デザイナーの國廣様は、文字、とりわけひらがな独特の美しさを世界に発信したいという想いからアクセ

千葉大学大学院理学研究科付属 ハドロン宇宙国際研究センターIceCube

材料A6061-T6他
寸法500×φ120
用途研究開発製品 
加工
方法
機械加工 複合加工 

江戸っ子1号の深海8000メートル耐圧加工技術を応用して、千葉大学が進めているニュートリノ観測プロジ