山口県の宇部高校の皆様がいらっしゃいました

各企業が行っているゴミを減らす取り組みには、「環境への配慮」と「無駄の削減」という二つの意味があろうかと思います。

近年では「ゴミを減らす」から「ゴミを活かす」努力が増えつつあり、弊社が取り組んでいる配財プロジェクトも、「ゴミを活かす」ためのものといえるでしょう。
「ゴミを活かす」といっても、ただ単にリユースやリサイクルを進めるだけでは、そのためのコスト負担がネックになって長続きしないのではないかと思います。

配財プロジェクトは、廃材を配財に加工することで「収益を得る」ことも目指しています。
ゴミを減らし・活かす取り組みが生産活動・利潤追求と直結していることこそ、循環型社会の実現には重要なのではないでしょうか。

・・・というお話を、本日、山口県の宇部高校の皆様にさせていただきました。グローバル人材育成の一環として、地球規模での問題となっている「環境問題」に焦点を当てているとのことでした。

廃材やリサイクル品にさらなる価値を付与する試みこそ、配財プロジェクトの眼目であります。

150324スーパーグローバル150324スーパーグローバル (2)


最新ニュース

『ふぞろいのストロープロジェクト』に生産技術協力をしています

麦わら由来のストローの生産拡大・活用促進を通じて、廃棄物削減の啓蒙や仕組みの創出、海洋汚染問題へ寄与 … 続きを読む

2021-05-11
メディア掲載

マシニスト出版社 「Sheetmetal ましん&そふと」に掲載いただきました

マシニスト出版社さんが発行する、国内唯一の板金業界の月刊専門誌「Sheetmetal ましん& … 続きを読む

2021-04-06
お知らせ

大型連休に伴うの休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。甚だ勝手ではございますが、大型連休に伴い下記の通り休 … 続きを読む

2021-03-19
メディア掲載

トラベルカルチャー雑誌 TRANSIT (トランジット)でご紹介いただきました。

  トラベルカルチャー雑誌 TRANSIT (トランジット)の付録冊子「東京の、100年先も残したい … 続きを読む


最新ニュース・記事一覧へ