ハンディ型トーチのハイブリッドファイバーレーザー溶接機を導入いたしました。

2013年11月22日、ハンディ型トーチのハイブリッドファイバーレーザー溶接機を導入いたしました。ファイバーレーザーとプラズマアークをハイブリッド化し、従来のTIG溶接の長所を最大限生かした業界初のトーチ式タイプのファイバーレーザー溶接機です。ロボットアーム型の機械に比べ、汎用性に優れ、小ロットの溶接にも簡単に対応できます。

DSC_0301

ハイブリッドファイバーレーザー溶接機の主な特徴

  • 高い発振効率(YAGレーザーの約10倍)
  • 大きな省エネ
  • メンテナンスフリーの発振器でメンテナンス費大幅カット
  • 完全空冷でチラー不要
  • 低いランニングコスト(電気料金の大幅削減、発振器消耗品の不要)
  • 優れたビーム品質、高いエネルギー密度
  • 装置の小型軽量化で設置が容易
  • アークとのハイブリッド化によりビード幅が広く深い溶け込みを実現
DSC_0230

製造・営業スタッフがファイバーレーザー溶接機の導入教育を受講しました。

DSC_0242

ファイバーレーザーからプラズマアークへ簡単に切り替えが可能です。

DSC_0253

ファイバーレーザー溶接使用の見本を見せていただきました。

DSC_0272

自動ワイヤー送給も完備。難易度の高い溶接もより簡単にスピーディーな対応を実現!

DSC_0258

熟練の溶接スタッフ達もファイバーレーザー溶接機の凄さに驚愕しています。

DSC_0275

弊社溶接スタッフもファイバーレーザー溶接機を試用してみました。

ハイブリッドファイバーレーザー溶接のサンプルの一部をご紹介いたします!

ファイバーレーザー溶接サンプル

  • 歪みの少ない溶接を実現(特にアルミの薄板溶接が得意(板厚0.1mm~3.0mm程度))
  • 丸みを帯びたビード面・盛り上がりの少ないビード面など製品用途に合わせた溶接が可能
  • 高い発振効率により深い溶け込みを実現

ファイバーレーザー溶接機サンプル1

  • 銅・真鍮・ニッケル・チタン・マグネシウムなどの難材のより歪みの少ない溶接が可能
  • ステンレス鋼・炭素鋼・銅・真鍮などの異材溶接が可能

ハイブリッドファイバーレーザー溶接機は従来の溶接の長所を残しつつも、板金加工における溶接の機能や生産性を格段に向上させる革新的な機械です。

この先端機械を用いて、新しい板金加工の溶接世界を創り出してまいります。


最新ニュース

2020-10-27
メディア掲載

経営誌「衆知」で代表・浜野のインタビューを掲載いただきました。

  2020年10月27日発売、松下幸之助氏が創設したPHP研究所の経営・マネジメント誌「衆知」に、 … 続きを読む

2020-10-13
記事

10月9日(金)弊社の第44期経営計画発表会を行いました。

10月9日(金)弊社の第44期経営計画発表会を行いました。 今年度は新型コロナウィルスの感染拡大の影 … 続きを読む

2020-09-24
メディア掲載

「 J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト」で浜野製作所を取り上げていただきました。

中小企業基盤整備機構が提供する、中小企業ビジネス支援サイト「 J-Net21[中小企業ビジネス支援サ … 続きを読む

2020-09-24
お知らせ

2020年10月9日(金)は午前11時より臨時休業いたします。

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。浜野製作所では、社内行事「経営計画発表会」の実 … 続きを読む


最新ニュース・記事一覧へ