設計・開発の流れ

①お問合せに基づく打ち合わせ

打合せの様子 打合せ

 お客様が考案されている製品について、ヒアリングを通じ、要求仕様やデザインイメージの共有化を図ります。「まずはご相談だけでも・・・」といった形から、技術担当者同伴での詳細な仕様のお打ち合わせまで、 お客様のご希望に合わせた内容で実施いたします。

②協議・開発計画

開発スケジュール

 大まかな製品構想が固まった後、開発の進め方や方針を協議し、開発計画を立てていきます。

開発手順の決定後、開発工程や納期、仕様、見積予算などを決定いたします。

開発計画が数か月~1年以上の長期に渡る場合はお客様との開発体制を含め、ご相談させていただきます。

 

③発注

 お客様に開発工程や納期、仕様、見積金額などのご承認をいただいた後にご発注という流れとなります。

④構想設計

 当社にて詳細な製品構想図を作成します。お客様が希望している仕様やアイデアを、どのように実現できるのか具体化します。

⑤詳細設計

詳細設計 2 構想図1

 製品構想図の完成後、詳細設計に入ります。全体の完成図から1つ1つの部品に至るまで、実際に製作できる状態にするために図面化します。(3Dモデル化) これまでの金属加工で培った経験を生かし、お客様にとって最適な製品設計を行います。

<当社の強み>
・実際の加工や組立を考慮した製品設計
・将来の量産化を視野に入れた設計と製作

⑥試作

設計・開発の流れ_試作 設計・開発の流れ_試作2

 お客様のご要望に応じて試作品を製作いたします。設計評価の確認を行い、設計図面を修正し、最終的な製品モデルを作成いたします。

 

⑦製作・組立・調整

設計・開発の流れ 設計開発の流れ2

詳細設計に基づき規格部材の調達や部品加工を行います。各種部品の製作・調達後、組立・調整を行います。

 

⑧最終検査&納品

設計開発の流れ備付 納品

 完成した製品の試運転、仕様チェックなどを行い、最終的な検査を行います。検査に合格した製品はお客様のご要望に応じて、納品や設置・据付工事等を行います。



製品事例・ピックアップ

福島県の割り箸製造会社「磐城高箸」様のご依頼で、割り箸先端加工機を製作致

加工
方法

【製作事例紹介】 福島県いわき市の割り箸製造会社「磐城高箸」様のご依頼で、割り箸先端加工機を製作致し

弊社Garage Sumidaとコラボしている書家の國廣様が毎日新聞に取

加工
方法

書家・デザイナーの國廣様は、文字、とりわけひらがな独特の美しさを世界に発信したいという想いからアクセ

千葉大学大学院理学研究科付属 ハドロン宇宙国際研究センターIceCube

材料A6061-T6他
寸法500×φ120
用途研究開発製品 
加工
方法
機械加工 複合加工 

江戸っ子1号の深海8000メートル耐圧加工技術を応用して、千葉大学が進めているニュートリノ観測プロジ

膝伸展力測定治具

材料A5052 t=2.0 ほか
寸法800×700×670
用途研究開発製品 
加工
方法
板金加工 機械加工 

大学における生命医工学・運動生理学・トレーニング科学分野の研究目的のため、膝を伸ばす力、縮める力を測