営業部 – 榎本 裕次郎

榎本5榎本 裕次郎(主な業務:営業)

一言コメント
真っ向勝負も好きですが、仲間との連携。餅は餅屋で組織的なサービスを心掛けております。


榎本 裕次郎のインタビュー

 寡黙に背中で引っ張っていく男の中の男、”昭和の裕次郎”といえば、浜野製作所の榎本裕次郎をおいて他にはいません!一見、無骨に思われがちですが、イラストレーターや3次元CADを使いこなしながら、きめ細かい提案営業がさらっとできてしまう凄い男です。仕事のために120%の力を注ぐ熱血漢に営業の極意を訊いてみましょう!

担当している業務・やりがい・ポイント・最も嬉しかったことは?
担当業務は営業です。お客様の窓口業務として会社の売上を担っている責任感にやりがいを感じています。
営業のポイントは、お客様と直接やりとりさせていただく中で、いかにお客様のコミュニケーションポイントを見つけ出し、痒いところにまで手が届くようなきめ細かい提案が出来るかということでしょう。こちらが設計・加工のプロとして、お客様の期待を超える提案をし、実際にきちんとした製品を納期通りにお届けすること。至ってシンプルですが、それを丁寧にやり続けられる人間・会社が最も信頼され、これからも生き残っていけるのだと思います。

営業で最も嬉しかったのは、納期に間に合うか否かの中で約束通り設計・提案・試作を無事に納め、「流石、浜野製作所!」とお客様の期待に応えられたこと。さらに新たな宿題をいただき、翌週には完成品として納品でき、この製品が他社とのコンペにも勝ってお客様の規格品として採用されたことです。

そこに辿り着くまでは色々と辛いこともありましたが、設計・製造・営業と会社一体となって良い仕事ができたことに大きな喜びを感じました。
榎本3
これまでの人生や職歴、金属加工の仕事をはじめた理由、入社した経緯、今後の取り組みなど
榎本2スチール家具業界で会社の立ち上げから上場までの圧倒的な経験・・・

大学卒業後、23年間、スチール家具業界で営業から製品開発・企画に携わり、コンピュータ業界、医療業界向けの製品を数多く世に送り出してきました。そうしたキャリアを経て、浜野製作所にやってきたのは、精密板金の世界に魅力を感じたことと、前職から知り合いであった浜野社長と一緒に仕事がしてみたいという思いからです。

仕事人生の集大成として、浜野製作所のオリジナル製品を開発したい・・・

長年、スチール家具業界にいて培った製品開発ノウハウを結集して、何としても浜野製作所でオリジナル製品の開発に取り組みたいと思っています。

今後の営業展開については企業秘密なので、ここでは言えません(笑)
休日の過ごし方や趣味など
休日はバイクでのんびりと・・・

数年前までバイクの草レースにのめり込み、ライセンスも取得するほど熱中していたのですが、最近はゆっくり、ゆったり、温泉地を巡るツーリングが好きですね。プライベートでバイク仲間も増え、走るのが楽しい休日です。

榎本6
将来の同僚やお客様へメッセージを!
お客様へ:浜野製作所は精密板金、プレス、機械加工など金属加工がトータル的に出きる企業であり、この技術を活かした筐体、KIOSK端末、医療用ワゴン、専用工具、その他完成品まで手掛けるメーカーです。企画力、提案力、製品力でお客様に驚きと喜びをご提供いたします!

同僚から一言

原田:ノルマ達成したらデートしてあげる♥ 大福でねっ!
石川:表情が豊か!
片倉:どんな分厚い壁も必ず打ち砕く漢、頼りになる兄貴。