品質管理部 部長 – 小俣 光史

小俣さん小俣 光史(主な業務:品質管理)

一言コメント
今を楽しむ!


小俣 光史のインタビュー

 浜野製作所の優し過ぎる男、”オマッちゃん” 製造部長から品質管理部長へと転身した経験を基に、加工の視点から品質について考えられる陰のプロフェッショナルです。浜野製作所の品質を支える心構えや実際の仕事ぶりについてインタビューしてみましょう!

担当している業務・やりがい・ポイント・最も嬉しかったことは?
品質管理部の部長として、製品検査、会社全体の品質を向上させる体制作りを行っています。(詳しい取組み内容については品質方針ページもご覧ください!)

元々、浜野製作所では製造部長として、主に板金部門でレーザーやタレパンを使って板金部品を製作していました。その経験を基に、製造部全体の品質意識を向上させるべく品質管理部にやってきましたので、常に加工者の視点に立った検査や管理体制を考えています。加工現場では、「常に次工程を考えて・・・」ということが当たり前でしたので、そうした考え方を品質管理部でも活かしています。

また、同時に図面に記載されている以外の顧客要求事項を読み取り、加工精度だけでなく、実際にその部品が組み込まれた状態を想定し、常にお客様の利用状況を考えて検査にあたっています。
さらに、メッキや塗装、研磨など一部外注している工程については、協力工場の品質や対応を含めた管理を行っています。
品質管理におけるポイントは「図面通りの製品を誰が作っても同じようにできる」仕組み作りですが、そこまで加工現場で徹底できれば、究極的には品質管理部は要らない、ということを理想(目標)にしています。
浜野製作所では、短納期や特急対応を受け入れていますが、出来上がった製品を引き取りにやってきたお客様に「助かりました、どうもありがとうございます」と言って喜んでいただいた瞬間が一番嬉しいですね。
浜野製作所は多品種少量で日々たくさんの製品の検査があって、その全てを自分の目で見られますので、飽きることがありません。
DSC_0078
これまでの人生や職歴、金属加工の仕事をはじめた理由、入社した経緯、今後の取り組みなど
実家がプレス加工屋だったことからものづくりに興味を持ち・・・

墨田区の本所吾妻橋で生まれ育ち、実家が製缶プレス加工屋でしたので、幼い頃から金属加工の現場には馴染みがありました。

元々、ものづくりには興味がありましたが、若気の至りで、大学卒業後もプラプラしていました・・・。そろそろ真面目に働かないとマズいと思って、墨田区内の就職支援セミナーに行った際、たまたま浜野社長が講師を務めていまして、そこでの熱弁に惹きこまれ、入社を決めました。
実は、その時のセミナーに同期の豊嶋君もいまして、いまはお互いに浜野製作所を引っ張っていく立場になっています。懐かしいですね。

今後は浜野製作所独自の品質管理体制づくりを目指して・・・

さきほど言ったとおり、「図面通りの製品を誰が作っても同じようにできる」仕組み作りを現場に徹底していきたいですね。現場の各工程内で不良を出さないことを徹底すれば、必然的に客先不良もゼロになりますので、製造部と共に、不良を出さない品質管理体制作りに取り組んでいきます。

あとは、やっぱり浜野ブランドのオリジナル商品を作りたいですね。自社商品を作って販売するということは、即エンドユーザーのお客様に繋がりますので、品質保証も含めてさらにハードルが上がると思いますが、それでも是非やってみたいですね。
品質打合せ DSC_0164
休日の過ごし方や趣味など
休日は新妻とお出かけ・・・

休日はスーパー銭湯でのんびりしています。

あとは、妻とショッピングに出掛けるくらいですかねぇ(よく行くのは越谷レイクタウンや柏周辺)

趣味はスポーツ全般です。一時トライアスロンを本格的にやろうと思いましたが、途中で断念しました・・・。今はとにかく泳ぎたいです!

将来の同僚やお客様へメッセージを!
将来の同僚へ:大学も文系だったし、卒業後もプラプラ過ごしましたが、やる気があって挑戦すれば、知識・経験は必ず付いてきます。一緒に働きましょう!
お客様へ:お客様に”感動”していただける高品質の製品をお届けいたします!
小俣

同僚から一言

鈴木稔:小俣さんは責任感が強く、一人で仕事を背負い込んでしまうので、僕にもバンバン振ってください!共に心中しましょう!違うかっ(笑)
木下:いつも助けていただきありがとう!!