早稲田大学主催の「社長のカバン持ち」プログラムに2名の学生が参加しております。

今年の夏季インターンシップは終了しましが、昨年に引き続き、早稲田大学主催の「社長のカバン持ち」プログラムに2名の学生が参加しております。

本日、3日目を迎えておりますが、FBに投稿するので「活動概要や目的を書いて欲しい」という無茶振りをし、下記のような回答をいただきました。
_____________________________

去年に引き続き、本年度も早稲田大学のTsunagaru Mochimasu プログラムを実施いたしました。この、Mochimasuプログラムは、学生二名が社長のかばん持ちをし、中小企業の会社経営と社長業務を見学するというものです。

「中小企業の経営とはどのようなものなのか、社長はどのような人物なのかを知りたい。将来の職業を考えるに当たって、どのような仕事や働き方があるのか色々と見て視野を広げてから選択したい。」との理由で応募を決めました。

また、浜野製作所を選んだ理由としてはパンフレットの写真から溢れる人柄の良さと、常に新しいモノづくりに挑戦するという会社案内を見てこの社長に会ってみたいと感じたからです。

今回は4日間のプログラムで、今日はその3日目です。1日目、2日目では他大学のインターン生のプロジェクト参加、工場見学の補助、社長が主催する会合・懇親会等への同行を行いました。

そして本日3日目は来客対応や副社長参加の会合への同行、社長が参加した会合、懇親会等への同行する予定です。

3日間という短い期間の中でも様々な人に出会い、社長の顔の広さが伺えた。社長は常に出会いを大切にし、1度きりの関係で終わるのではなく次に繋げることで多くの人を事業や他の活動に人を巻き込んでいく。私たちにも出会いの場を多く設けて下さり、次につなげる方法を教えて下さった。そんな社長を見習って私たちも出会いを大切にし、人の輪を広げて行きたいです。

また、社員の方から実際にお話を聞かせて頂く中で、職務の幅がとても広いと感じました。分業化されてしまった大企業とは違い、一人で様々な工程を担当できるというのも中小企業の魅力なのだなと感じました。
_____________________________

最近の学生は・・・とはよく云うものですが、実際の生の声にしっかり耳を傾けてみると、中小企業側にもどんなことが求められているか見えてくるものです。学生の戯言だと侮ってはいけません。彼等は素直に、冷静に会社やそのスタッフを観察しているのだと気付かれます。

11954742_1207814015899252_4570914306486889024_n_R


最新ニュース

2017-06-21
講演

6月20日(火)ひらかた地域産業クラスター研究会 総会にて、代表 浜野が講師を務めました。

6月20日(火)大阪府のひらかた地域産業クラスター研究会 総会にて、代表 浜野が講師を務めました。 … 続きを読む

2017年6月12日〜14日の3日間、墨田中学の生徒2名様が職業体験学習にいらっしゃいました。

墨田区立墨田中学校2年生のお二人が、3日間の職業体験学習にいらっしゃいました! 事務系の仕事から製造 … 続きを読む

2017-06-14
工場視察講演

6月13日(火)ごうぎん八岐大蛇塾の皆様が工場見学にいらっしゃいました。

6月13日(火)ごうぎん経営者クラブ・株式会社山陰合同銀行様主催の「日本の国技と匠の技見学ツアー」が … 続きを読む

2017-06-13
講演

6月12日(月)中小機構運営の事業支援施設TIP*Sにて、代表 浜野がワークショップの講師として招かれました。

6月12日(月)独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営している事業支援施設TIP*Sにて、ワークショ … 続きを読む


最新ニュース・記事一覧へ