山口県の宇部高校の皆様がいらっしゃいました

各企業が行っているゴミを減らす取り組みには、「環境への配慮」と「無駄の削減」という二つの意味があろうかと思います。

近年では「ゴミを減らす」から「ゴミを活かす」努力が増えつつあり、弊社が取り組んでいる配財プロジェクトも、「ゴミを活かす」ためのものといえるでしょう。
「ゴミを活かす」といっても、ただ単にリユースやリサイクルを進めるだけでは、そのためのコスト負担がネックになって長続きしないのではないかと思います。

配財プロジェクトは、廃材を配財に加工することで「収益を得る」ことも目指しています。
ゴミを減らし・活かす取り組みが生産活動・利潤追求と直結していることこそ、循環型社会の実現には重要なのではないでしょうか。

・・・というお話を、本日、山口県の宇部高校の皆様にさせていただきました。グローバル人材育成の一環として、地球規模での問題となっている「環境問題」に焦点を当てているとのことでした。

廃材やリサイクル品にさらなる価値を付与する試みこそ、配財プロジェクトの眼目であります。

150324スーパーグローバル150324スーパーグローバル (2)


最新ニュース

2018-07-09
メディア掲載

7月1日発行の墨田区区報「すみだ」にて、山本区長のセンターオブガレージ視察の記事が掲載されました。

7月1日発行の墨田区区報「すみだ」No.1895 にて、山本区長が4月にセンターオブガレージ(以下C … 続きを読む

【メディア掲載】 YKK PR誌「Neighbor7月号」に掲載されました。

YKKのPR誌「Neighbor7月号」に、自社商品FACTORY ROBOシリーズが掲載されました … 続きを読む

スーパーファクトリーグループとともに経済産業省の「スタートアップファクトリー構築事業」に採択

スーパーファクトリーグループとともに経済産業省の「スタートアップファクトリー構築事業」に採択 株式会 … 続きを読む

6月27日(水)東京都人材戦略マネジメント事業「経営者向けセミナー」で講演を行いました。

東京都産業労働局が主催する中小企業の経営者を対象としたセミナーで、弊社代表 浜野が「人材に関するさま … 続きを読む


最新ニュース・記事一覧へ