日刊工業新聞朝刊に「いよいよ水深8000mへ 江戸っ子1号機体公開」の見出しで江戸っ子1号の記事が掲載されました。

2013年9月20日、日刊工業新聞朝刊に「いよいよ水深8000mへ 江戸っ子1号機体公開」の見出しで江戸っ子1号の記事が掲載されました。

水深8000メートルの深海に―。東京・下町の中小企業などが共同開発している深海探査機「江戸っ子1号」の機体(写真)が19日に公開された。耐圧性の高い直径33センチメートルのガラス製の球体が並ぶ構造で、球体の中に撮影機器や通信機器などを搭載している。構想から約4年、22日から日本海溝での探査試験に挑む。(本紙より一部抜粋)

130920日刊工業新聞_江戸っ子1号


最新ニュース

2018-04-02
お知らせ

4月2日(月)入社式をおこないました。

年度が変わり、最初の稼働日となった4月2日(月)、浜野製作所では入社式を行いました。今年入社のメンバ … 続きを読む

2018-03-27
お知らせ

経済産業省中小企業庁の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」生産性向上部門に選出されました。

この度浜野製作所は、経済産業省中小企業庁の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」生産性向上部門に … 続きを読む

台湾のゴールデン・ピン・デザインアワード2017にて、弊社の「FACTORY ROBO」が認証を受けました。

この度、浜野製作所のオリジナル商品「FACTORY ROBO」が、台湾で最も権威ある国際的なデザイン … 続きを読む

2018-03-15
講演

3月14日(水)金融仲介の質の向上に向けたシンポジウムにて、代表 浜野がパネリストとして登壇いたしました。

3月14日(水)関東財務局が主催する「金融仲介の質の向上に向けたシンポジウム」にて、代表 浜野がパネ … 続きを読む


最新ニュース・記事一覧へ